私は若い頃からいろんなセックスを経験しており、自分で言うのもなんですが、結構テクニシャンだと思っていました。セックスをするなら大抵の女性は満足させていたし、バリエーションも豊富だったから、女性を飽きさせることもありません。

普通すぎるセックスに飽きてしまうのは、男性だけではありません。女性も似たようなセックスが続くことで「なんか、あんまり気持ちよくないなー…」と思い始め、そのうち相手にしてもらえなくなるかもしれませんね。

とくに、人妻ほどそう考えやすいでしょう。結婚した女性のほとんどは旦那に抱かれまくるわけですが、その旦那が普通なセックスしかしてくれないと、女性側もマンネリを感じてしまいます。また、男性と違い、女性は年齢を重ねるほど性欲が強くなるのもポイントです。

性欲が強くなっているのに普通のセックスばかりだと、「もっと刺激的なセックスがしたい!」と不満を持つのは当然ですね。男性は「変なセックスに誘うと、嫌われるかもしれないし…」と遠慮することもありますが、適度にお願いするほうが喜ばれます。

そうしたこともあり、不倫サイトを使っている女性と遊ぶなら、いろんなセックスができるほうが有利ですね。私も最近はそういうサイトで遊ぶことがありますが、大抵は普通のセックスをせず、『明らかに相手が経験していなさそうなセックス』をやっていました。

この前不倫サイトで知り合ったK(仮名)とセックスするときも、結構マニアックなことをしてみました。Kは夫と結婚して8年ほどが経過しており、今はセックスの回数が大きく減っているだけでなく、セックスするときもすっかりマンネリ気味でした。

「あの人は丁寧だけど、本当にそれだけで…」と愚痴っており、そこから私は「この人も、マニアックなセックスはしていないだろうな」と察したのです。そこからも話を聞いていたら軽いM気質があるのが分かり、『放置プレイ』をしてみることにしたのですね。

不倫サイトで約束してから会い、ラブホテルに到着したら、まずは手足を縛りました。その上で目隠しもし、あとはバイブを挿入してローターをクリにセットしたら、私は喘ぎ続けるKを眺めるだけです。

大人のおもちゃは十分気持ちいいのですが、やっぱりKとしては触ってもらいたいのか、その焦れったさが性感を高めます。何度かおもちゃでいってしまったあとに挿入したらすぐに潮を吹きまして、Kは「こんなすごいセックス、初めてだよ…」とぐったりしながらも満足していました。