セレブな人妻というのは大抵が『お金持ちの旦那と結婚することでリッチな生活ができている』という感じですので、基本的には旦那に尽くすようになるでしょう。旦那のご機嫌を取っておけば、それだけで安定した生活が続けられますからね。

ですが、セレブな人妻でも『不倫サイト』を使うことはあり、ハイリスクな火遊びも満喫していたりします。男性からすると「せっかく金持ちの旦那がいるのに…女の人って分からん…」と思うでしょうが、セレブだから満たされているとは限らないのです。

私も不倫サイトを使っていたら、セレブな人妻であるA(仮名)と会うことになりました。ちなみに私はセレブとはほど遠い一般人でして、年収も中の下くらいだと思います。もちろん着ている服や普段行く店も大衆向けという感じで、Aの隣に立つと明らかに浮いていたでしょうね…。

不倫サイトで話していたときは、Aがセレブとは知りませんでした。そもそもAはそういうのを自慢するようなタイプではなく、あくまでも『出会いを求めている普通の既婚女性』という感じで、むしろ親しみがわいたくらいです。

そしてAと会うことになりましたが、先に食事をすることになり、「私のお気に入りの店に行かない?静かだし、奢るから!」なんて言われました。ちなみに指定されたお店が結構高そうなところで、「不倫するからテンションが上がっているのかな?」なんて感じたのです。

そのまま当日を迎えたわけですが、待ち合わせ場所にいたAは私でも知っているほどのブランドもののバッグを持っており、服装についてもなんだか高そうです。それに対して私はかなり地味な服装でして、「もしかして、結構お金があるのか?」とそのときに気付いたのですね。

レストランでは個室みたいなところに案内されて、そこでは気兼ねせずいろいろと聞けたのですが…Aの夫はそこそこ大きな会社の社長らしく、業績もなかなかいいようで、それであまり家には帰ってこないと聞きました。

Aとしては「もうちょっと収入が減ってもいいから、家に帰って欲しいんだけど…」とのことですが、それは叶わず、こうして不倫相手に温もりを求めていたらしいです。セレブにはセレブなりの、悩ましい事情があるのですね。

奢ってもらったお礼として、Aにはしっかりと気持ちよくなってもらいました。セックスのときも下品な感じを出さないのはなんとなくセレブっぽくて、私は不倫相手としてAをかなり気に入ったのです。

セレブな女性であっても、やっぱりこういうことはしたいみたいですね。