昔は「女の子が話す話題って男にとってはつまらないものが多いし、デートとかしても面倒なだけだろうな…」と思っていました。

ですが不倫サイトで出会った人妻の彼女とは一緒に出かけるだけでも楽しいって感じでして、今ではデートする日が待ち遠しくて仕方ありません。まだデートするだけでして、性欲のある男からすると退屈そうに見えるのですが…一緒にいるだけでテンションが上がる大事な理由があるのです。

まず彼女のスペックについてですが、名前はフジコ(仮名)と言いまして、年齢は30代前半です。顔立ちは可愛い感じでメイクは薄く、素朴なタイプってイメージが強いと思います。
そんなフジコの最大の魅力は、その胸でした。

不倫サイトで会話しているときのフジコはスタイルについても自慢してなくて、私も別にスタイルは気にしていません。不倫サイトを使っていたときの私は「とりあえず女の子と会ってみたいなぁ」という漠然とした目的しかなくて、そこから先はさっぱりでした。

ちなみにフジコはお出かけが好きだったので、デートに誘うのは簡単だったのです。まずは無難に近くのショッピングモールへ誘ったのですが、フジコは「ちょうど買いたいものがあるし、いいですよ!」と言ってくれて、初デートの約束ができました。

そしてついに不倫サイトの外で女の子と会い、デートがスタートしたのですが…フジコはびっくりするほど胸が大きい巨乳の女性だったのです。そんなことは一言も言わなかったし、胸を強調するようなファッションでもありません。それでも胸が自己主張しているあたり、相当な大きさでした。

胸についてアレコレ書いているように、私は巨乳が大好きです。
だからデート中はフジコの胸ばかり見るようになってしまい、初デートの感想は「歩くだけで揺れていて、隣を歩くだけでも目が幸せ…」といったものでした。

フジコとはそれから何度もデートができましたが、ある日は「いつも胸ばかり見てませんか?」とフジコにツッコミを食らいまして、慌てて弁明したのですが…フジコは「もう、エッチ!」と可愛らしく怒ったフリをして、私はものすごく胸がときめきました。

いつも胸を見たくてデートしていますが、とくに怒らなくなりました。なぜ怒らないのかと聞いたら「胸を見られるのには慣れているし、あなたは胸ばっかり見るけど、無理矢理求めようとはしないから」とのことです。

『見ているだけでも幸せ』というヘタレだったおかげで、私は不倫サイトで胸の大きな女性と楽しい時間を過ごしています。