順調な結婚生活を送っている女性は、基本的に不倫サイトを使いません。
中には「満たされすぎていて、刺激がないから…」なんて理由で不倫する人もいるのですが、大抵は結婚生活に不満を持っており、とくに『夜の性活に関する不満』は不倫に直結しやすいですね。

日本ではセックスレスが結構深刻であるように、『セックスはしたいのだけど、さまざまな問題が重なってできない』と悩むカップルは珍しくありません。私が不倫サイトで出会った人妻のカナエ(仮名)も、なかなか悩ましい問題を抱えていました。

カナエは結婚して4年目とまだ熟年夫婦ではなく、セックスレスになるには少し速いと感じるかもしれません。ですが、カナエには『自分から誘わないとセックスしてくれない』という悩みがあり、それがセックスレスにつながったようです。

男性は「女の子から誘ってもらえるのって、すごく興奮するよな!」と軽く考えるでしょうが、実際に女性から誘うというのは、大変勇気が必要です。これは夫婦であっても同じであり、むしろ夫婦だからこそ悩みも増えてきます。

カナエの夫も仕事熱心なほうだったから、「私が誘えばしてくれるかもしれないけど、疲れているだろうし、内心では嫌がっていないかな…」と考えてしまうのですね。お互い気を遣える夫婦だからこそ、セックスレスも起こりやすくなる…なんとも皮肉な話です。

やがてカナエはまったく誘えなくなり、セックスレスへと突入しました。なお、夫はセックスレスになってからもとくに気にしておらず、セックス以外…キスやハグはそこそこしてくれるため、性欲以外は満たされていたようです。

しかし、人間にとって性欲が満たされない日々というのはとてもつらく、カナエも我慢の限界でした。こうして不倫サイトを使い始めたカナエは「セックスはしたいけど、夫を愛しているから、割り切って遊んでください…」という切実なお願いをしていたのです。

このお願いは、セックスだけを楽しみたい私にとって、大変好都合なものでした。というか、こういうサイトを使う男は恋愛なんてまず求めないため、カナエの願いを叶えるにはこの上なく向いている場所でしょう。

カナエはルックスも綺麗ですし、体型もまだ整っているから、セックス相手としては文句がありません。それでいて人妻という肩書きも備えているのですから、そんじょそこらのAV女優よりも魅力的ではないでしょうか?

こういう悩みを持つ人妻とは割り切って遊べるので、ぜひセフレにしたいですね。