当たり前のことを書いてしまうようで、ちょっとだけ申し訳ないですが…不倫サイトを使っている女性の多くは欲求不満ですから、とても決断が早いです。
つまりは『声をかければすぐにセックスをさせてくれる』ということであり、まさに早い者勝ちの優良物件って感じですね。

不倫サイトというのはSNS感覚で使う気軽なツールではなく、『自分の欲求がどうしても満たされないから、救いを求めてチャレンジするもの』だと言えます。とくに人妻はバレてしまうと相応のリスクもあるから、使う際はかなり切羽詰まっているでしょう。

こうしたことからお分かりになると思いますが、女性でも性欲というのはたまってしまうものですし、それが限界を迎えると我慢もできません。そうした状態は男性にとっても馴染みがあるものでして、「オナ禁しようとしたけど、我慢できずに抜いてしまった…」なんて経験は、誰にでもあるのではないでしょうか?

私もセックスしたいときは不倫サイトですぐに会える女性を探していましたが、この前見つけたA(仮名)という女性もなかなか好都合でした。Aは子供もいる既婚女性でして、普段は旦那も子供も家にいるから、まず不倫はできないようです。

旦那がいるなら旦那とセックスすればいい…なんて言うのは、野暮というものです。旦那になんらかの問題があって満足できないからこそ不倫をするのですから、私もAに詳しい事情は聞かず、すぐに会うことを決めました。

ちなみにAは「3日後まで旦那と子供は実家に戻ってるから、今しかチャンスがない!」と話していたので、声をかけたその日に会ってセックスをしたのです。早く会える女性が多いと思っていましたが、まさかここまでとは思わず、さすがの私も驚きましたね。

もちろんそれを断るわけもなく、軽くシャワーを浴びてから喜んで会いに行きました。Aは性欲が限界だったのか、会うなりにすぐラブホテルに誘われまして、食事について聞くと「ラブホでも食べられるじゃん!」と即答したのです。

部屋に到着したら、シャワーも浴びずにセックスを開始しました。というよりも、Aもすぐにしたかったのか、家で浴びてきたから「お互い、準備がいいね」と笑い合ったのです。もちろんヘトヘトになるまでは休ませてくれず、休憩中はラブホテルのフードメニューで軽く食事を済ませました。

食後にまたセックスをしたら汗を流し、それでお別れです。電光石火のようなセックスでしたが、濃密な時間でしたし、私も満足です。