女性同士のキスというのは、見ていて興奮しませんか?キスと言っても唇を重ねるだけの可愛らしいものではなく、舌を絡めて唾液も交換するディープなものを指しています。そういうシーンに力を入れているAVも、最近は増えてきましたね。

女性同士のキスをレズキスなんて呼びますが、私もレズキスを見ると興奮します。とくに『女性2人の3Pをしているときにレズキスをしてもらいつつ、それを見ながら突く』というのは、最高に気持ちよくなれました。

こんなプレイを実現できたのも、3Pに寛容な妻と不倫相手がいたからですね。普通の妻は3Pどころか不倫しただけで離婚ものでしょうが、私たち夫婦はその辺が少し違っていまして、もっと快楽に正直なペアだった…こう書くべきなのでしょう。

より強い快楽を求めるなら、同じようなことをしていてはいけません。人間は快楽に対して慣れてしまう生き物であり、夫婦がセックスレスになってしまうのは『慣れに対してなんの対策もしてこなかったから』だと思っています。

だからこそ、私たちは不倫相手も交えた3Pに興味を持ち始め、それを実行しました。男2人か女2人かは若干迷いましたが、妻が「私、綺麗な女の人も結構好きなんだよね」と言っていたので、女2人でいくことにしたのです。

妻のこうした発言からも分かるように、レズキスについてもさほど抵抗感がないようでした。本気で女性と愛し合うのは難しいようですが、セックスを盛り上げるためのキスならば全然OKなようで、不倫相手を見つける前から見るのが楽しみでしょうがなかったです。

さすがに女2人の3Pに対応してくれる女性は多くないため、相手探しには時間がかかりました。出会い系でこういう話を持ちかけても拒否する人はたくさんいて、興味を持ってくれる人を見つけるまで数週間が必要となったのです。

その女性は不倫もOKなだけでなく、3Pについてもやってみたかったと言っていました。なお、レズキスはできるかどうか妻が聞いたところ「その場の雰囲気次第かなー」とコメントしており、これなら期待できると会ってみたのです。

その言葉通り、雰囲気が盛り上がってくると妻との絡み合いが増えてきます。そして私がこの女性を突きつつ妻のアソコをいじっていたらレズキスを始め、女性同士が舌を絡め合う様子に気持ちよく射精できました。

もちろん不倫相手だけでなく妻相手にも射精し、きっちり3Pを満喫できたのです。