『女性は新しい恋をする度に処女に戻る』…こんな話を聞くと、「寝言も程々にして欲しい」なんて思う男性は多いでしょう。しかしこれはあくまでも比喩的な表現であり、実際は『新しい相手とセックスするときは少女みたいな態度になる』と言うべきかもしれません。

女性も同じ相手と何度もセックスしていたら、そのうち恥じらいなども持たなくなります。たとえば「付き合い始めはとても初々しかったのに、今は裸のままウロウロすることも増えてきた…」ってエピソードがあります。

裸でウロウロされたら興奮する…かもしれませんが、恥じらいがあるほうがもっと興奮しますよね?そもそも、裸でウロウロするくらいの関係になるには何度もセックスを重ねているだろうし、男性側も少し見飽きているかもしれません。

そう考えると、女性もたまには恋人や夫以外と新鮮なセックスをして、若い頃のような気分を味わいたいと考えるかもしれませんね。実際のところ、出会い系には『夫相手のセックスに飽きてしまい、不倫相手を探している女性』もちらほらと見かけます。

私の不倫相手も夫とのセックスは飽きているようですが、私と会うときはいつも少女のようになり、抱く側としても大変楽しませてくれます。ある程度年齢を重ねた女性が、少女みたいになる…文字にすると微妙に感じますが、実際に見てみると興奮しますよ。

この不倫相手は結婚して18年が経過しており、今は夫とのセックスもほとんどしていません。これは彼女が飽きているというのもありますが、夫側にもいくつか問題があり、そのせいで気分が盛り上がらないと話していました。

たとえば家にいる夫がパンツ一丁で過ごしていたり、お腹が出てきたりしていれば、女性としては幻滅しますよね?それに体力も落ちてきたのか、セックスに誘ってくる頻度も減っていたようで、セックスしなくなったのは当然かもしれません。

しかし別の男性とのセックスには憧れていたようで、私の声かけには大変ノリが良く、すぐに会うことができました。ここまで積極的だと恥じらいは期待できなさそうに見えますが、そんなことはありません。

やっぱり初対面の男に体を見せるのは恥ずかしいようで、私が脱がすときも「恥ずかしいよ…」と連呼していました。クンニをしているときもずっと顔を隠しており、感じている様子を見られたくなかったようです。

そんな少女みたいな反応をされたら男は興奮するもので、こちらも若者に戻った気分で楽しみました。