私が営業の仕事を始めた直後は、「会社のためにバリバリ契約を取ってきて、出世しまくるぞ!」なんて意気込んでいたものです。
しかしそんな気持ちが長続きするわけもなく、6年ほど経過した今はすっかり冷めていました。

それなりに成果は出していたものの、出世するのは重役の親族やゴマすりの上手い人間ばかりで、真面目に仕事をする人はなかなか評価されません。
その結果、私も「どうせ出世しないなら、そこそこにこなして緩く仕事するか…」なんて思うようになりました。

そういう考えの人間からすると、営業というのはなかなかおいしいかもしれません。
ノルマはもちろんあるのですが、それをこなせれば自由時間は多く、時間によっては直帰も可能です。また、日中に素早く営業回りを終わらせると休憩時間も拡張できるため、いろんなことができました。

そして最近私がハマっているのが、『不倫サイトで知り合った主婦とのセックス』ですね。
仕事中にセックスをするなんて、一昔前の真面目な私なら激怒していたでしょうが…今となってはどうでもよく、むしろ不倫相手との情事のほうが楽しいです。

当然の話ですが、不倫サイトを使う女性はほとんどが主婦です。
とくに専業主婦として退屈している女性が多めで、そういう女性からすると『平日昼間に遊んでくれる男性』というのは大変が魅力的ですよね?
もっとも多くの男性にとって平日昼間は忙しく、女性側も相手探しには苦労しているようです。

そんなタイミングで私が話しかけたら、大変喜んでもらえました。
「お仕事はいいの?」と聞いてきたので「営業だし、ササッと仕事を終わらせておけばどうとでもなりますよー」と伝えたら、「悪い人だねぇ」なんて言いつつも会ってくれましたよ。

専業主婦からすると平日昼間は夫の目もないため、不倫を楽しむには最適なタイミングです。
だから先に外で一緒にお茶を楽しみ、それからラブホテルへと入りました。
こんな余裕があるのも、平日昼間だからこそですね。

不倫相手とのセックスは気持ちいいですが、私の場合は『一応は仕事中なのにサボってセックスをする』というシチュエーションでもありますから、より背徳感があってたまりません。
出世のために頑張っていた頃も悪くなかったですが、今みたいに『そこそこ頑張りつつセックスも楽しむ』というのも、楽しいですよ。

不倫サイトにはこういう使い方もありますので、平日昼間に時間のある男性なら、専業主婦と火遊びを満喫してみましょう。