私には妻と2人の子供がいまして、それなりに充足した生活をしています。今は妻も子育てに集中していますが、子供が大きくなったら仕事に復帰すると話しており、それまでは私がガンガン働かないといけませんが、それは別に気になりません。

なんだかんだ言っても子供は可愛いですし、妻も忙しい中私をサポートしてくれますから、傍から見ると幸せな家庭だと思います。実際に不幸なわけがありませんが、夜に関してはちょっと不満があり、出張中はそれをこっそりと解消していました。

妻は食事の用意などは手を抜きませんが、セックスだけは乗り気ではありません。子供を2人作ったのだから、回数だけはそこそここなしていると思うのですが…別に好きだから体を重ねたわけではなく、子供が欲しかっただけのようです。

そしてこれ以上は作らないと決めていたので、妻はセックスについては渋ることが多いのですね。また、「エッチなものはお小遣いの範囲で買っていいから…」とオナニーを推奨するようなことも言ってまして、普段は本当に夜な夜な1人で抜いていたのです…。

しかし、私は出張が多いことを活かし、現地では『不倫サイト』を使ってひとときの火遊びを満喫していました。元々出張の多い仕事でしたが、結婚後はお金を稼ぎたいこともあり、手当てももらえるから積極的に志願していたのです。

その結果、周りからは『面倒な案件を頑張ってくれるいい奴』みたいな評価を受けており、給料もアップして一石二鳥でした。出張期間については短期ばかりですが、不倫サイトを使って少し遊ぶには十分であり、私にとって出張は『稼ぎつつセックスもできるボーナスタイム』でしたね。

この前の出張中も、不倫サイトを使って遊びました。出張前には「パパ、頑張ってね!」と子供に送り出され、妻も笑顔で準備を手伝ってくれましたが…出張中に女遊びをしているなんて、夢にも思っていないでしょうね。

それに少しばかりの罪悪感を覚えますが、なにせ男なので、性欲には逆らえません。また、こうして性欲を解消することで妻にも負担をかけずに済んでいるわけですし、出張中ならまずバレることもないから、本当に都合がいいと思います。

なお、不倫サイトを使っている女性たちも私が出張中だと分かったら、快く遊んでくれます。私みたいに『そのうち会えなくなるのが分かっている男』だと、女性としても後腐れなくて好ましいようです。

割り切った不倫セックスというのはとても気持ちよく、私に男としての喜びを与えてくれますね。