「専業主婦は仕事しなくていいから楽だよな」…そんな風に考えている男性は多いでしょうが、家事も決して楽ではありません。家庭環境によりけりですが、子供がいたり一軒家で暮らしていたりすると、家事による負担は軽視できないでしょう。

また、最近は女性の労働意欲も高まっているため、「ずっと家事ばかりするんじゃなくて、外に出て働きたい…」と考える人も増えているから、『専業主婦だからこそのストレス』というのも無視できないのです。

そうしたストレスの発散方法はたくさんありますが、『セックス』はとても有効な手段だったりします。女性はセックスすることで女性ホルモンが分泌され、容姿が綺麗になるだけでなく、精神的にも落ち着くからストレスをセックスで解消するのは普通のことなのです。

そのため、旦那が床上手であれば専業主婦でもストレスがたまりにくく、円満な家庭が築けます。しかし、セックスが下手だったり回数が少なすぎたりすると、女性側もつい浮気してしまい、別の男性を相手にストレスを解消するのです。

不倫サイトを見てみると分かりますが、そういうストレスを抱えた人妻はたくさんいます。こうした女性は非常に誘いやすいだけでなく、『ストレスが吹き飛ぶほどの過激なプレイ』を好む場合が多く、あえてマニアックなセックスに誘ってみるといいでしょう。

私が不倫サイトで話していた人妻のA(仮名)も「いっつも家にこもりっきりだし、旦那は相手してくれないし、めっちゃいらついてる!」と話していました。そんなAとは普通にするのもいいのですが、私は刺激欲しさに「じゃあ、外でしちゃうのとかどう?」と誘ったのです。

いわゆる青姦というやつでして、実行するのは多少の勇気も必要ですが、人の来ないスポットはたくさんあります。そういう場所を活用すれば比較的安全にスリルが楽しめるため、Aも誘ってみたのですが…。

「なにそれ、面白そう!」と乗り気でして、私は「やっぱり不倫サイトを使う人妻って、刺激に飢えているんだなぁ…」と痛感しました。なお、Aとは『あまり使われていない駐車場』にてカーセックスをすることになり、青姦としては控えめな内容に落ち着いたのです。

ただ、普通に車の中でするのもアレだから、人がいないときは窓を開けたり、ドアを思いっきりオープンにしたりしました。すると「さすがにヤバいって!」とAも躊躇しますが、アソコはとても締まっており、体はとても満足していたようです。

刺激的なプレイを求められたら、こういうセックスをしてみましょう。