私たち夫婦は若くして結婚したということもあり、生活には余裕がありませんでした。周囲も反対していたのですが、その反対が当時の私たちを焚きつけることになり、誰からの援助も受けないことで結婚を成立させたのです。

結婚した当初は貧しくとも幸せを感じていた…のですが、働いても働いてもなかなか生活水準が向上しなければ、次第にその愛情も薄れていきます。そして今では夫婦別々に寝るようになり、会話もかなり減ってしまいました。

そんな状態になっても、離婚することはできません。あれほど盛大に啖呵を切ったのですから、ここで別れては周囲に蔑まれるのが分かっています。だからこそ、私たちは危うい状態でつながっており、歪な夫婦関係になっていたのです。

こうした毎日は私の心を徐々にすり減らしていたから、それに耐えられず不倫相手を作ってしまいました。先ほども書いたように、今の妻とはセックスに誘えるような関係でもないため、別の女性の温もりが欲しかったのです…。

ちなみにその不倫相手ですが、かなり年の差がありました。具体的には私が20代なのに対し、相手は40代とかなり離れてまして、場合によっては親子くらいに見えるかもしれません。しかし、私はその包容力にすっかり夢中であり、同時に救われてもいました。

相手は旦那とはセックスレスになっており、それで割り切って遊べる男を探していました。私も妻とはあんな状態ではありますが、今すぐ別れる予定はなかったので、この女性を不倫相手に選んだのです。

正直なところ、私は会ってセックスさせてくれるなら誰でもよく、気分転換がしたかっただけでした。しかし、この女性はなかなか聞き上手なのか、実際に会ってセックスするといろんなことを話してしまいます。

そのうち私が妻との現状を吐露すると「そうだねぇ、若いうちはつらいよね」と言いながら抱き寄せてくれて、つい子供みたいに泣いてしまいました。セックスさせてもらっただけでなく、こうして悩みも聞いてもらって、私はいろんな意味でスッキリできたのです。

それからも会う度に悩みを聞いてもらった結果、「もう一度妻と向き合ってみて、昔みたいな夫婦関係に戻りたい」と思えるようになったので、自分なりに努力しています。これも不倫相手に悩みを聞いてもらったからで、話すことで楽になれたのですね。

もしも妻と仲直りができたらこの女性とも会わなくなるでしょうが、それでも感謝の気持ちは忘れません。