昔に比べると、女性の『不倫に対する罪悪感』というのも変わってきました。
昔は男性優位なこともあり、不倫すれば身の破滅と言っても過言ではありませんでしたが…今は男女平等どころか司法などは女性に味方するため、考え方もすっかり変わってきたのです。

つまり、「旦那に不満があれば、不倫しても別にいいや」という女性は増えており、不倫サイトの盛況ぶりがそれを物語っているでしょう。男性はこれを非難したくなるかもしれませんが、こんな世の中でも『やはり男性のほうが不倫経験者が多い』というのも事実なので、強く非難できないのがつらいところですね。

しかし、不倫サイトに女性が多いおかげで、気軽にセックスができるという利点もあります。
昔はセックス相手を探すのも大変だったかもしれませんが、こういうサイトを覗けば簡単に相手を見つけられますので、性欲の強い男性はチェックする価値がありますよ。

私がここで知り合った女性も、不倫サイトを使うことに罪悪感はなかったようです。
その女性をA(仮名)としますが、以前のAはむしろ旦那を愛していたようで、不倫なんて考えられなかったようですが…やはり、愛情が冷めると反動も大きいのでしょう。

その旦那が不倫していたことが発覚したら、あっという間に愛情も冷え切ってしまいました。もちろん非難したし、離婚だって考えたのですが…Aには独り立ち前の子供がいたので、「子供のために、独り立ちまでは離婚を我慢しよう…」と考えたのです。

ちなみに旦那はよりを戻そうと必死らしいですが、一度冷めた愛情というのは、滅多に暖まりません。その結果、Aは旦那相手に男女の時間を楽しむこともなく、「離婚するまでは、私も不倫を楽しもう!」と考え出したのです。

旦那にはバレていないらしいですが、仮にバレても旦那に非難する権利はなく、Aは気にせず遊んでいました。だから私ともすぐに会ってくれて、「会える日が楽しみだね!」とご機嫌です。その様子からも分かるように、旦那との仲を修復するつもりはありません。

なお、会う当日のAはとてもおめかしをしており、年齢よりもすごく若く見えました。「昔は旦那のために地味な格好ばかりしてたけど、今は好きなだけオシャレできて楽しい!」と話しており、本当に旦那のことはどうでもいいんだなぁ…と感じたものです。

デートの終わりはもちろんセックスをしまして、Aも気持ち良さそうに腰を振っていました。Aにとって不倫サイトというのは、とても便利なものらしいです。