私くらいの年齢(アラフィフ)の既婚男性は、休日を退屈に過ごしている人も多いと思います。アラフィフならば体力がかなり落ちているでしょうし、そうなると休日はできるだけ体を休めたいところですが、それだけでは充実した1日にはなりません。

とはいえ、既婚ならば家族のために仕事へ打ち込む必要があるため、「全然趣味がない…」と悩む人も多いでしょう。日本の男性は定年退職後に痴呆症になりやすいとされますが、それは趣味もないまま仕事を終えてしまい、やることがなくなるからですね。

そこで重要なのが、休日を充実させることです。
休日に「これは楽しい!」と感じられることをしていると、気分も若返って元気になれます。こうした休日を繰り返すことが痴呆症を予防し、元気な老後を作り上げていくのでしょう。

ちなみに私の趣味は、『若い不倫相手とセックスすること』ですね。趣味というには少し聞こえが悪いかもしれませんが、この年齢で若い不倫相手を見つけ、妻に内緒でセックスをしているというのは、とても楽しく感じるのです。

私も不倫相手を作るまでは退屈な休日を過ごしており、「いっそのこと、休日はバイトでもしてみるか…」なんて思っていました。そんなことをすれば体力が心配になりますので、考えるだけでしたけどね。

それならば休日にしたいことを考えましたが、セックスくらいしか思いつきません。しかし、同い年の妻はすでに乗り気じゃないし、なにより妻相手では私も興奮しにくくなっており、「もっと若くて可愛い子とセックスしてみたいなぁ」と考えていました。

そして『出会い系を使えば若い不倫相手も作れる』という噂を聞き、相手を探してみたんです。アラフィフになってから出会い系を使うのってどうなのか…と思いきや、若い子に声をかけても嫌がられることはほとんどなく、愛想のいい子もそれなりにいました。

それで20代の子と話していたら、私の不倫相手になってくれたのです。その子は「不倫って、なんか大人の関係って感じで面白そう!」なんて話しており、簡単に乗り気になってくれました。今時の若い子って、軽いノリでセックスをしてくれますね…。

しかも1回切りの関係ではなく、休日でお互い暇なときはまた会う約束をしました。なんで私とここまで遊んでくれるんだろう…という疑問はありますが、相手は普通に楽しそうだから、変なことを聞く必要はないですね。

休日に若い不倫相手とセックスしていれば、ボケる心配もなさそうです。