ある程度年齢を重ねてくると、『清楚で落ち着いた熟年の女性』を好むようになります。自分が若い頃は「なんでおばさんと懇ろにならないといけないの?」なんて失礼なことを考えていましたが、やはり年齢を重ねると考えも変わってきますね。

今の私には40歳の不倫相手がいまして、その人は『清楚な人妻』と表現するのにピッタリです。普段は物静かですし、下品な話とかもしませんし、一緒にいると落ち着いた時間を過ごすことができました。女性も年齢を重ねるなら、こういう熟女になって欲しいですね。

私には同い年の妻がいるのですが、若い頃よりかは落ち着いているものの、元々がお転婆だったのか、清楚な感じはありません。子供たちをたくましく育ててくれるのは頼りになるものの、最近は性的な魅力を感じられず、正直に言うと欲情できませんでした。

そんなわけで、理想的な不倫相手を探すために出会い系を使い始めました。今の歳でこういうサイトを使うのは多少の抵抗感がありましたが、気持ちよくセックスをするならばそんなことは言ってられません。私も若くはないですが、性欲は健在なのです。

しっかりとした理想があるせいか、不倫相手選びはなかなか時間がかかりました。「ここで妥協しては、セックスを楽しめない!」と自分に言い聞かせていろんな女性とやり取りしていたところ、ついに見つけたのが先ほど話した女性(以下K)だったのです。

Kは出会い系によくいるチャラい感じの女性ではなく、文章なども地味ですし、受け答えも普通でした。しかし、落ち着いていながらも性欲についてはなかなか強いようで、「旦那はもう愛してくれないし、たくさんしてください…」と誘われたときは、私も興奮しましたね。

その言葉通り、会う日にちを決めて顔を合わせると、予想通り容姿も清楚です。メイクはナチュラルな感じで服装もシンプルですし、なによりも性格が清楚そのものでした。「清楚なら不倫なんてしないのでは?」という声が聞こえてきそうですが、清楚であっても性欲はあるし、ときには発散しないとやってられないのです。

清楚な女性とセックスする利点は、普段とのギャップですね。服を脱がすまではかなり恥じらってくれますが、お互いが全裸になるといやらしく求めてきて、私がお願いしたら「私の淫らなアソコに入れてください…」なんておねだりもしてくれました。

妻とのセックスとは違い、清楚な不倫相手が相手だと本当に捗るので、こういう相手はぜひ作りたいですね。